暮らし

【増税】軽減税率について~対象品や外食に関する線引きなど~

本日、10月1日より消費税率が8%から10%になりました。

今までの増税と違うのは

・軽減税率制度を導入した

・キャッシュレス決済によってポイント還元を行う

ことです。

テレビでも特集が組まれて毎日のように放映されていましたが、自分用のメモとしてまとめておきたいと思います。

軽減税率

生活に必要な必要最低限の品目に関しては8%のまま据え置く制度で、主に飲食料品(お酒と外食は除く)と新聞に適用されます。

軽減税率の対象品と非対象品

軽減税率

軽減税率8% 飲食料品

・米、肉、魚、野菜

・ペットボトルの飲料水、牛乳

・ノンアルコール飲料

・持ち帰り用の弁当、出前

標準税率10% 飲食料品

・酒類(ビール、みりん、日本酒など酒税法に規定する酒類)

・外食

・水道水(飲食以外の用途にも使用するため)

・ペットフード

・医薬品、医薬部外品

軽減税率8% 新聞

・週2回以上発行されている新聞の定期購読

標準税率10% 新聞

・コンビニや駅で販売されている

・電子版

これは軽減税率?標準税率?

似たような商品、もしくは原料が同じでも用途によって税率が変わるものもあります。

8% 軽減税率 10% 標準税率
清涼飲料水 ドリンク剤(医薬部外品)
みりん風調味料

ノンアルコールビール

焼酎原料のサツマイモ

みりん           酒

ビール、発泡酒       類

焼酎

焼き芋

サツマイモ(青果)

牛肉

食用の重曹

かき氷用のブロック氷

           

              人

飼料用サツマイモ      の

サツマイモの苗       食

肉牛            用

掃除用の重曹        で

ドライアイス        な

              い

 

外食に関する線引き

8% 軽減税率 10% 標準税率
ソフトクリームを歩きながら食べる ソフトクリームを店のイスで食べる
映画館のポップコーン カラオケボックスで注文した料理
列車のワゴン販売の駅弁 食堂車での食事
ホテル客室の飲み物 ホテルのルームサービス

 

軽減税率の適用外となるもの

食品と食品以外のセット商品

おまけつきのお菓子など、食品と食品以外のセット商品は「一体資産」と呼ばれて消費税は10%になります。

ただし
①税抜き価格1万円以下
②全体の価格のうち食品の割合が3分の2以上

の2つの条件を満たせば軽減税率が適用されます。

まとめ

キャッシュレス決済利用によるポイント還元やプレミアム商品券など、消費税増税に関する施策についても記事を書きます。