SONY(ソニー) ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go~WiFi/Bluetooth対応*ハイレゾ~

スポンサーリンク

家ではスピーカー付きのソニーのウォークマンで音楽を聴いていましたが、外出時に持ち歩くと電池が長持ちしなくなってきたのでスピーカーを買うことにしました。

※画像小さいですが、使っていたのはこちらです

SONY ウォークマン

自分の部屋だけでなく他の部屋でも音楽を聴きたかったので、ポータブルスピーカーに決め、ネットで仕様を見て、最終的に2つにしぼりました!

ネットやパンフレットで内容を見て店頭で音の確認もしてみたところ、どちらも良かったので悩みました。
最後の決め手は、スマホがXperiaなのでSONYの方がいいのかなという点。

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .

Yahoo!ショッピングの『Joshin web』が一番お安くポイントもたくさんついたので、早速購入!

購入したタイミングが良く、この日は何と2,886ポイント付きました✨

Yahoo!ショッピング


プレミアム会員かどうかやストアポイントの倍率で付与されるポイントは違いますので、購入画面で確認してみてください。
私は対象ではありませんが、Yahoo! JAPANカードで決済をするとさらにポイント倍率が上がるようです。

SONY(ソニー) ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear goが届きました

箱を開封

青系に惹かれる私はビリジアンブルーを選びました。
うん、いい色だわ。

仕様

●スピーカー:直径35mm(フルレンジ)×2 パッシブラジエーター型
●実用最大出力:24W(12W+12W)
●再生周波数特性:60Hz〜40000Hz
●デジタルアンプ:○(S-Master HX)
●イコライザー機能:
 ・Clear Audio+
 ・EXTRA BASS(本体キーでON/OFF可能)
 ・FLAT/OUTDOOR/BGM/CUSTOM(SongPalからのみ操作可能)
 ・12/M確定
●圧縮音源高域保管:DSEE HX
●端子:オーディオ入力端子(3.5mmステレオミニ)、マイクロUSB入力端子(PC・ウォークマン・Xperiaコンテンツ再生)
●マイク:エレクトレットコンデンサー型全指向性
●対応PCアプリケーション:Media Go
●再生ファイルフォーマット:MP3、WMA、AAC、WAV、FLAC、ALAC、AIFF、DSD(2.8MHz)
 ※※著作権保護された音楽ファイルは本機で再生することはできません。
●電源:AC電源、リチウムイオンバッテリー
●消費電量:
 ・内蔵充電池充電中:約12W
 ・待機時、BLUETOOTHスタンバイ機能オン:約0.2W
 ・待機時、BLUETOOTHスタンバイ機能オフ:約0.2W
●電池持続時間:約12時間
 ※使用環境・状況によって異なります。
●最大外形寸法:約(幅)204×(高さ)62×(奥行)60mm
●質量:約790g
●付属品:マイクロUSBケーブル、USB ACアダプター

特長

Wi-Fi対応。便利な操作性、高音質でワイヤレスの音楽再生を楽しめる

家庭内のネットワーク環境を利用し、Android(TM)/iOS搭載のスマートフォン/タブレット、PC/NASの中に保存した音楽やTuneIn Radioなどのインターネットラジオやミュージックサービス(を高音質で楽しめる。「SongPal」アプリをインストールしたスマートフォン/タブレットから、「SongPal Link」に対応するオーディオ機器なら、1台でも複数でも一括で管理・操作でき、家じゅうの音楽を快適に楽しむことができる。

どこでも高音質を楽しむためのロングバッテリー


5時間の充電で最長12時間使用できる内蔵バッテリーを搭載。長時間のドライブやアウトドア、パーティーなどで、長時間音楽を楽しむことが可能。

またスピーカーを操作していない状態、もしくは音楽(音声)が再生されていない状態、携帯電話やスマートフォンにHFP/HSPでBluetooth接続されていない状態が15分続くと、スピーカーのバッテリーを節約するために自動的に切ることができる。

ワンタッチ接続(NFC)機能搭載


NFC搭載のスマートフォンや、おサイフケータイ(R)対応Android(TM)搭載スマートフォンなどとのペアリングから接続・切断・接続切り替えが、ワンタッチで行えます。

コンパクト設計


1BOXのコンパクトな筐体(きょうたい)に豊かな低域からきらびやかな高域まで鳴らしきるハイレゾ対応35mmフルレンジスピーカーユニットを搭載。
世界最小サイズでのハイレゾ再生対応を実現。さらに、低音増強振動板ユニットを2つ配置した「デュアル・パッシブラジエーター方式」を採用。
低域・中域・高域を専用にチューニングし、最適化されたユニットにより、歪(ひず)みの少ないクリアな音を再現。

迫力の重低音を楽しめる「Extra Bass」ボタン


低域を強化する「Extra Bass」ボタンを搭載。クラブやフェスにいるような重低音の迫力をさまざまな場所やシーンで楽しむことが可能。

ユーザーの聴きたい想いに応えるイコライザー


通常のデジタルアンプは情報量を間引いて音量を下げるため、ボリュームを絞るほど、音質が低下する傾向にありますが、本機のフルデジタルアンプは、情報量を間引かず、フレーム単位で縮小する処理により、高音質を維持したまま音量を絞ることが可能。
住宅環境などにより、大きな音が出せない場合でも、スピーカーで高音質なサウンドを楽しめる。
また、スマートフォン・タブレットアプリ「SongPal」を活用することで、自由なイコライザー設定が可能。
ユーザーの好みに合わせて、自由自在に音質を調整することで、音楽をより楽しめる。

設定

長くなってしまったので、続きは次の記事に書きます!

スポンサーリンク