女性のライフサイクルとサプリメント

スポンサーリンク

女性は、月経が始まってから妊娠・出産、更年期など女性ホルモンの影響により年齢とともに体調が変化していきます。

そのため、年代に応じて必要となる成分にも違いがあります。

happy

 

若年期(~10代)

思春期になると女性ホルモンのエストロゲンが多く分泌され、初潮を迎えます。

それに伴う体調や精神面の変化をケアする成分が必要になります。

月経による貧血対策には、ヘム鉄を。

精神面の安定をサポートするカルシウムやマグネシウムもオススメ。

 

成熟期(20~30代)

出産や子育てを考える人は、妊娠や授乳に必要な成分を。

妊娠希望時期や妊娠初期には、胎児の神経管閉鎖障害予防のために葉酸が不可欠です。

食事から必要量を補うのが難しいので厚生労働省でもサプリメントの摂取を薦めています。

妊娠・授乳期には赤ちゃんの脳の発達のためにオメガ3系必須脂肪酸(EPA、DHA)を積極的に摂りましょう。

 

更年期以降(40代~)

女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が急激に低下する時期。

40代後半からは、更年期の症状も現れます。

ホルモンバランスに働きかける大豆イソフラボンなどで対策を!

また、エストロゲンは骨や脂質の代謝に関係するため、閉経を骨粗鬆症や脂質異常症などの生活習慣病のリスクが高くなります。

骨粗鬆症対策に丈夫な骨づくりを応援するビタミンDやビタミンK、生活習慣病対策には、動脈硬化予防をサポートするEPAやDHA、慢性炎症の抑制が期待されるウコンなどもおすすめです。

同時に年齢による疲れや物忘れ、尿トラブルに役立つ成分も摂るとよいですね。

 

 年代 おすすめ成分・素材  
 全年代

 健康増進・健康維持

(ベーシック成分)

ビタミン類(ビタミンDなど)、乳酸菌、ミネラル類

(カルシウム、マグネシウム) 

 若年期   貧血対策 
 PMS対策

カルシウム、マグネシウム、大豆イソフラボン、

フラボノイド類(ピクノジェールなど)、プエラリン

 成熟期   妊娠・授乳期  葉酸、鉄、DHA、EPA、乳酸菌 
 不妊対策 

レスベラトロール、ビタミンD、大豆イソフラボン、

コエンザイムQ10 

更年期以降  更年期対策

 大豆イソフラボン、プエラリン、フラボノイド類

(ピクノジェールなど)、ブラックコホッシュ

 骨粗鬆症対策 

カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンK

大豆イソフラボン

 生活習慣病対策 

コエンザイムQ10、ウコン(クルクミン)、EPA

DHA、大豆イソフラボン、乳酸菌 

 疲れ・ストレス対策  マカ、高麗人参、テアニン、バレリアン
 尿トラブル  クランベリーエキス 
 もの忘れ対策  ビタミンB類(ビタミンB12 、葉酸など)

 

大豆イソフラボンをはじめ、ブラックコホッシュエキスやビタミン類など、女性の健康と美に役立つ成分を配合

 

約40種類もの有機酸とフラボノイド複合体を含むフランス海岸松の樹皮エキスで、ブルーな時期も快適に

 

生活習慣の見直しも大切!

栄養バランスのとれた食生活と適正な体重の維持、適度な運動習慣、質の良い睡眠など、まずは生活習慣を整えることが基本です。

また、メンタル面にも気を配ること。

そのうえで、前世代で摂取することが望ましいビタミン・ミネラルなどのベーシック成分と体調に合わせた成分を組み合わせてサプリメントを摂ることをオススメします。

スポンサーリンク