夏老け肌をレスキュー~ダメージを早めにリセット~

スポンサーリンク

シミやシワ、たるみが気づかないうちに進行してしまう”夏老け肌”

過酷な気候の夏が過ぎると
「肌が急に老けた気がする」
「今のお手入れがなんだか物足りない」
と感じる方が急増します。

夏は汗をかく機会が多いので肌のベタつきを気にして何度も洗顔をしたり、肌がうるおっていると勘違いして水分を怠ったり…
そのうえ、エアコンによって乾燥に拍車がかかるなど、夏の終わりの肌は極度の乾燥状態に陥っています。

ここ数年で深刻な問題になっている熱中症が自分では気づかないうちに進行するように、肌も自覚症状がないまま夏バテによる肌老化が進行しているのです。

夏老け肌

その最大の原因は紫外線!

紫外線は肌表面の水分を奪ったり、シミやくすみを引き起こすだけでなく、肌の土台を支えるコラーゲンを傷つけるためハリや弾力が低下。
シワやたるみを誘発して実年齢以上の老け肌に見せてしまう要因になってしまいます。

また、夏は、強い紫外線から肌を守るための自己防衛策として、角質肥厚が進みやすくなります。
そのまま放っておくと、ザラつきや毛穴の詰まりなど、肌トラブルを起こしやすい状態になってシミやシワ、たるみが一気に現れる”夏老け”に悩まされることに。

これを「季節のせいだから」と、そのままにしておくと夏老けの進行は加速するばかり。

まずは、チェックリストで自分の”夏老け”度を確認し、今の肌に必要なケアを知ることが大切です。

夏老け肌チェックリスト

□むくみやすくなった
□キメが荒く、毛穴が目立ってきた
□冷たい飲み物をよく飲んでいる
□外出時、日傘はあまり使わない
□汗をかくと、肌がかゆくなる
□日焼け止めは肌に重い気がして使わない
□朝、メイクしても夕方になると崩れている
□肌のザラザラ感が気になる
□冷房の効いた部屋が好き、もしくはやむを得ずでも過ごすことが多い
□暑苦しい夜は冷房をかけっぱなしで寝ている
□目じりの小ジワがきになるようになった
□目元や口元の乾燥が気になる
□週に2回以上、夜12時過ぎに寝ている
□スキンケアは何を使っても一緒だと思っている
□夏はベタつくから、スキンケアは化粧水だけだ


診断結果

●0~2
…ひとまず安心ですが油断大敵。すでに夏老けの芽がでているかも!?

●3~6
…肌のかさつきやシワが気になるようなら夏老けの初期段階です。

●7~9
…シミやくすみができている可能性大。夏老けが静かに進行中です。

●10~14
…「疲れている?」と周りから聞かれませんか?夏老け加速中です。

●15~16
…シミやシワ、たるみが一気に深刻化。まさに夏老けです。

 

夏老け肌にならないためにするべき3つのこと

 

夏老けから肌を救うために必要なのは”水分補給”
とくに暑さで滞っている肌のターンオーバーを正常に整えるためにも水分補給はとても重要です。
「ベタつくのはイヤ」だからと化粧水だけで済ませるようなスキンケアはNG。
気になる肌の悩みには、まず水分補給を行って今使用しているアイテムの使用量を増やしてみましょう。
そのうえで次の3つの手法をプラスしてみましょう。

 

今使っているアイテムの働き・効果を補強する手法をプラス

保湿や美白に重点を置きたいのであれば、パックやマスクやマスクで肌が密封されて成分が浸透しやすくなり、アイテムの効果がさらに高まります。
リフトケアなら、たるみの原因に働きかけるマッサージや美顔器を加えてみるのもよいでしょう。

 

角質をやさしく取り除くピーリングをプラス

不要な角質を取り除いてうるおいが浸透しやすい肌に整え、小じわやくすみの目立ちにくいふっくら肌へ導いてくれます。

 

ビタミンC配合のアイテムをプラス

夏バテの影響が出やすい目元やほうれい線などのシワ、頬まわりのシミやくすみなどにスポット使いすれば、ふっくらとしたハリが戻ってくるのを実感できるはずです。

過酷な夏の気候を過ごした肌は一気に老けると言われていますが、『保湿ケア』を基本に、今の肌に必要なアイテムをプラスすることでリカバリーすることができます。
早めのケアで、脱・夏老け肌を目指しましょう!

スポンサーリンク