シミ撃退のためにできること

スポンサーリンク

30代後半から急激に目立ち始めるシミ。
肌に点在する暗い影は、見た目年齢を大きく左右します。

「まだまだ小さいから」と、見て見ぬふりをしてはいけません!

シミが目立ち始めた肌は炎症や活性酸素に敏感に反応し、メラニン色素を過剰につくり続け、シミができやすい肌状態が定着しています。

160905 8

 

ではまず、シミの種類と原因、シミのできるメカニズムを見ていきましょう。

 

シミの種類と原因

 

老人性色素斑

紫外線を浴びることでできるシミ。
でき始めは薄い茶色で、次第に濃くなっていきます。
早い人は20代からでき始め、40歳前後から急激に増えます。

 

炎症性色素沈着

ニキビ跡や傷跡、虫刺され跡などが赤茶色く残ったシミ。
摩擦が繰り返されることでも起こり、場合によっては消えにくいものもあります。

 

肝斑

両頬、下あご、花などに左右にでき、薄茶色でもやもやと広がるのが特徴です。
女性ホルモンの乱れやストレスなどが影響すると言われています。

 

花弁状色素斑

海などで強烈な紫外線を浴びることでできる、花びらのような形をしたシミ。
背中から肩に多くできます。

 

雀卵斑

ソバカスのこと。小さなシミで主に頬や鼻の周りに出現。
色白の人に比較的多く、10代から目立ち始めます。

 

シミのできるメカニズム

活性酸素

過剰に発生すると細胞に悪さをする物質

160905 1

 
MSH(α-メラノサイト刺激ホルモン)

メラノサイトを刺激するホルモン

160905 2

  メラノサイト

メラニン色素をつくる細胞

160905 3

 

紫外線を浴びた肌

表皮細胞に紫外線が当たると、MSHや活性酸素が発生します。
メラノサイトに「メラニン色素をつくれ」という指令を出します。

160905 4

  ↓

 メラニン色素の生成

メラノサイトが指令を受けると、メラノサイトの中でチロシナーゼという酸化酵素が活性化。
チロシンというアミノ酸を酸化させてメラニン色素をつくります。

160905 5

↓ 

 メラニンをつくり続ける

肌が紫外線を大量に浴び続けると、炎症や酸化によってメラノサイトが活性化。
メラニンを過剰につくり続けてしまいます。

160905 6

  ↓ 

シミが沈着

加齢や肌の乾燥などでターンオーバーが乱れると、過剰につくられたメラニン色素が排出されずに溜まり、シミになります!
放っておくとシミは増え、濃くなっていきます。

160905 7

 

生活習慣を見直してシミのできにくい肌へ

 

紫外線は「百害あって一利なし」

そこで始めるべきは、シミが連鎖的にできるサイクル断ち切る生活習慣です!

重要なのは

●徹底的に紫外線をブロック

●炎症を抑え酸化を防ぐ

●正常なターンオーバーを保つ

の3つのポイント。

今からご紹介する6つの心得を参考にしてシミのできにくい肌環境をつくりましょう。

今から始めることで、5年後、10年後も健やかな美肌を保てます。

 

シミにサヨナラする6つの心得

 

日焼け止めの塗り忘れや塗りムラに注意

日焼け止めは、季節を問わず一年中塗るのが基本です。
白浮きせず軽いつけ心地のもの、抗炎症・抗酸化に着目した機能性を持つものを目的に合わせて選びましょう。
耳のうしろなど忘れやすい部分にもムラなくしっかり塗り、汗をかいたら2~3時間おきに塗りなおしましょう。

 

UV対策アイテムを活用。外出先の紫外線量にも注意!

強い紫外線は、地面からの照り返しで四方八方から肌を攻撃します。
目から侵入する紫外線によってもメラニンがつくられてシミが増える原因につながることが分かっています。
さらに、これからの季節、水辺や山などへのレジャーやアウトドアでは、帽子、サングラスなどで徹底したUV対策が必要です。

160905 9

 

室内でも日焼け止めを。窓の多いオフィスもキケン

「日中は室内で過ごすから」という油断は禁物!
特に肌深くまで到達して光老化の原因となるUV-Aは、ガラスを通過して肌を直撃します。
外出しない日、オフィスワークの日でもUVケアは万全にしましょう。
洗濯物を干す、窓辺で読書をするといった際の”うっかり日焼け”にも注意しましょう。

160905 10

 

日焼けした肌にはビタミンC配合アイテム+たっぷり保湿

炎症、酸化を抑え、美白効果もあるビタミンC配合アイテムを毎日のスキンケアに取り入れましょう。
化粧水やゲルなどの保湿アイテムをたっぷり塗り、シートマスクを上からオンするとさらに効果的。
外出・アウトドア前の予防ケアや、うっかり日焼けした日のアフターケアにもオススメです。

160905 12

 

ターンオーバーを促してメラニンの排出をサポート

透明感のある肌を保つには、肌のターンオーバーを正常に保ち、メラニンを含んだ角質をスムーズに排出することが重要です。
新陳代謝が衰え、不要な角質が厚くなるのを防ぐために、週に1~2回程度のピーリングを。
その後、たっぷり保湿することで、明るくみずみずしい肌を保てます。

ビタミンCたっぷりの食材で身体の中からケア

ビタミンCは、野菜や果物から身体の内側にもたっぷり摂りましょう。
ビタミンCには、メラニン生成を抑制したり、活性酸素の働きを抑える作用が。
コラーゲン生成にも欠かせない存在なので、紫外線が強くなる今の時季は特にしっかり摂ることが重要です。

160905 11

スポンサーリンク