美容ネタ

夏バテ肌の解消ケア

肌トラブルの原因

過酷な夏を過ごした肌は、1年のうちで一番暗くくすんでいる状態。
UVケアをしっかりして、たとえ日に焼けていなくてもくすみを起こす原因はたくさんあります!

紫外線

シミや毛穴の開きなど、さまざまなエイジングトラブルを招くと言われている紫外線。

私たちの肌に届く紫外線にはA波とB波の2種類があります。
このうち肌に届く紫外線の9割を占め、老化紫外線とも呼ばれるのが紫外線A波。
活性酸素を発生させる力が角質層よりさらに支部にある真皮まで届くため、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンにダメージを与えてしまうのです。
その結果、数年後には深いしわやたるみを引き起こします。

一方、紫外線B波は肌表面・角質層までしか届きませんが、浴び続けると炎症を引き起こし、大量のメラニンを生成させるきっかけに。
そのため、目に見える炎症やシミ、乾燥の原因となるのです。

私たちは、すぐ日焼けをして変化が起こりやすいB波にばかり注意しがちですが、A波のダメージも肌の奥で徐々に蓄積されています。
また、A波は雨など日差しの有無に関係なく1年中降り注ぎ、屋内にも届くので日焼けをしていなくてもダメージを受けている可能性は大です。

紫外線

角質肥厚

強い紫外線や冷房で肌の生まれ変わりが乱れることから起こる角質肥厚。
肌表面に余分な角質がたまっているため光を通しにくく、透明感が失われてしまうのです。

乾燥・キメの乱れ

冷房、汗を強くふく摩擦などで起こる乾燥・キメの乱れ。

多量のメラニン

紫外線によって多量に作り出されたメラニンが蓄積され、シミや肌をくすませる大きな原因に。

血行不良

冷房や夏バテによって起こる血行不良。
肌から血色が失われることで、どんよりとにごったような肌色になってしまいます。

 

紫外線の影響で肌はたるむ

くすみの原因としてもあげられた紫外線は、くすみの原因にもなります!

今の時期の肌表面は、強い紫外線や冷房によってうるおいが奪われ、慢性的な乾燥状態に。
さらに紫外線のUV-Aは肌の奥深く真皮にまで到達し、肌のハリや弾力のもととなるコラーゲン・エラスチンまで破壊してしまいます。

過酷な夏を過ごして肌の奥からボロボロになった危険な状態なので、このままお手入れをしなければシミ・ソバカス、くすみだけにとどまらず、シワやたるみなど深刻な肌老化に進行してしまうのです。

 

早めのお手入れで秋からの美肌を保つ

たるんでしぼんだ夏バテ肌を肌の内外から復活させるために、下記のお手入れを心がけて肌の生まれ変わりがスムーズにいくよう整えましょう。

真夏と同様にしっかりとUVケア

紫外線は10月ごろまでまだまだ強い状態なので、まずはUVケアをしっかりしましょう。

 

肌の弾力を支えるコラーゲンを増やす

食事から摂るのが理想的ですが、足りないようであればパウダーやドリンクタイプで手軽にコラーゲンを摂りましょう。

 

失われがちな水分をたっぷりと与えて保湿

保湿用の化粧水や乳液、クリームでしっかり保湿しましょう。
お手入れに時間をかけれない場合は、時短アイテムとして人気のオールインワン化粧品を使うのもオススメです。