“光”と”老化”は春から本番!

春の陽射し

スポンサーリンク

3月ももうすぐ終わるというのに寒い日が続いています。
雨が降って天気の悪い日はなおさらですね。

4月に入り、春の優しい陽射しやそよ風を感じるようになり春の訪れを目の当たりにすると心がなごみます。

しかし、同時にお肌にとってはダメージを感じる季節の到来!
なぜなら今の時季の紫外線量は、9月よりも多いと言われているからです。

春の陽射し

近年、地球温暖化によってオゾン層が破壊され続け、強烈な太陽光が地球を直撃していると言われています。
その結果、私たちに必要な量をはるかに超える太陽光が地上に降り注いでいるのです。

増強した紫外線はシミやたるみといった光老化を進行させるばかりか、皮膚がんまで引き起こすことも。
太陽の光が与える肌と身体への影響力を理解し、これから春を迎える今こそ適切なケアを始めましょう。

危険がいっぱいある!!春の紫外線

地上に届く紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類あります。

3~4月から紫外線は上昇し始めて、UV-A量は真夏と並ぶほどの量になります!

長い冬を経た肌は特に紫外線のダメージを受けやすいので、夏に向けて今からしっかりケアをしておきましょう。

UV-A

窓ガラスや洋服を通して肌の奥まで到達。
肌のハリや弾力を失わせて老化を促進したり、メラニン色素を増やしてシミの原因に。

UV-B

短時間でも肌が赤くなったり黒くなってシミやそばかすになってしまいます。

肌を老けさせる原因の80%は”光老化”~シミ、シワ、タルミを加速させる~

紫外線はシミやそばかすの原因になるほかに老化を加速させる活性酸素を大量に発生させます。
そうすると必要な栄養を運ぶ血管やハリを保つ土台となるコラーゲンや線維、さらには肌を再生させるカギとなるDNAまで傷つけてしまうのです。
紫外線対策をせずに浴び続けると、みるみる肌のハリが失われ、シワシワになり、フェイスラインのたるんだ老け顔になってしまいます。

光老化…80%

太陽光を浴びることで肌がみるみる衰えてシワやたるみが出現するのが”光老化”
光をできるだけ浴びないように工夫することで老化の速度をコントロールすることができます。

自然老化…20%

加齢によって少しずつ代謝が衰え、肌の再生能力も落ちていきます。
この自然現象は、決して避けることはできず、誰にでも平等に訪れます。

光老化は紫外線だけでなく、ブルーライトや近紫外線を浴びても起こる!?

ブルーライトは可視光線の中でも波長が短く、強いエネルギーを持っています。
私たちの生活に欠かせないパソコンやテレビなどのLEDディスプレイにも使用されています。
スマートフォンを長時間操作すると目が疲れるのは、ブルーライトが網膜まで到達し、負担をかけているため。
紫外線より深い部分にまで到達するので、肌へのダメージも侮れません。
近紫外線は赤外線のなかでも、可視光線にもっとも近い部分の光のこと。
地表に届く光を分類すると赤外線は約50%もあり、私たちがいちばん浴びている光なのです。
しかも近赤外線は波長が長く、真皮層のさらに奥の筋肉にまで到達。
肌老化を確実に早めるため、スポーツ選手や屋外で働く人たちの肌にシワが深く刻まれているのは、このためなのです。

光の肌への影響

高SPF、高PA、高機能の3高であらゆる光をブロックする!

紫外線量が増える今の時季からUVケアを徹底してお肌を守りましょう!


完璧に防御できる日焼け止めの選び方、使い方

□紫外線はもちろん、ブルーライトや近紫外線にも有効なものを選ぶ
□「ちょっと厚塗りかも…」と感じるくらい多めに塗りこむ
□顔に汗をかいたり、汗をぬぐったりしたら、こまめに塗りなおすこと

SPFとPA

スポンサーリンク