肌のくすみは「油」+「こんにゃく」*この差って何ですか

スポンサーリンク

11月21日(火)この差って何ですかの1コーナーで紹介された

60歳を超えても「肌ツヤが良い人」と「良くない人」の差

専門家:髙瀬聡子(ウォブクリニック中目黒 総院長)

この差は…
皮丘がキレイに整っているか どうかです。

肌ツヤが良い人とは

光を肌がキレイに反射している状態。
「皮丘(ひきゅう)」がキレイに整っている。
皮丘

整った「皮丘」を復活させる方法

「皮丘」を整えるのに1番重要なのは「肌の水分量」。
そのためには、肌の水分量を保つことが重要。
その方法としては、水をたくさん飲むことも重要ですが、吸収した水を肌の中で蓄えることがもっと重要。
その重要な役割をしているのが「日頃の食事」なのです。

肌ツヤが良くなる食べ物:(1)とんかつ

豚肉は、肌に良い「ビタミンB1」が豊富。
そして、「揚げ物」がオススメ。水分を閉じ込めるために油が重要。
油は肌の表面でふたをしているので、油分で水分が逃げるのを防ぐ役割を担っています。
女性は男性に比べて年齢による皮脂分泌量が減る傾向が大きいので、特に適度な油をとった方が良い。

【とんかつ】 選べるお試しセット /黒豚 ロースカツ ヒレカツ メンチカツ

肌ツヤが良くなる食べ物:(2)こんにゃく

「こんにゃく芋」に含まれる”グルコシルセラミド”が、肌の水分保持を8割担っている「セラミド」の原料。
セラミドは肌の角質層の中にあって水分をゼリーのように抱え込んでいます。
商品を購入する際は原材料表示をチェック!”
グルコシルセラミド”が多い「こんにゃく芋」を選びましょう(「こんにゃく粉」は”グルコシルセラミド”が少ないのです)

群馬産の生芋で造りました。 手造り玉こんにゃく2玉入り

こんにゃくの摂取量は、1日1枚が理想。
こんにゃくは「煮物」や「おでん」などレパートリーが限られますが、こんにゃく農家では「こんかつ(こんにゃくを使ったかつ)」や「こんにゃくの唐揚げ」を食べています。

こんかつの作り方

①こんにゃくにコンソメスープで下味をつける

②粗熱をとって小麦粉、溶き卵、パン粉をまぶして揚げる

こんにゃくの唐揚げの作り方

①一口大に切ったこんにゃくをにんにく醤油で下味をつける

②小麦粉と片栗粉をまぶして揚げる

スポンサーリンク