ハンドクリームで秋のうるおいじたく

スポンサーリンク

水仕事、手洗い、パソコン、スマホ…

私たちの手肌は常に外部の刺激にさらされて乾燥しやすい状態にあります。

特に秋冬は、夏の間に蓄積された紫外線ダメージから肌が十分回復できないうちに大気の乾燥と寒さによる手荒れが待ち受けています。

ハンドクリームでケアすることで手肌のうるおいを整えましょう!

 
ハンドクリーム

 

こまめなハンドケア

寒い時季の外出時に

寒さは、大気が乾燥しているサイン。
外出時に手肌のカサつきを感じたらハンドクリームでしっかりケアしましょう。

洗い物の後に

油汚れを落とす台所用洗剤は皮脂も一緒に洗い流すので、手荒れや乾燥の原因に。
水仕事の後は手の水気をよくふき取り、ハンドクリームでうるおいを補給しましょう。

外出先で

バッグやポーチにチューブタイプを持ち歩くようにし、手洗い後の肌をお手入れするようにしましょう。

 

夜の集中ケア

こまめにハンドケアをするのが難しい方は、入浴後や就寝前にゆっくりお手入れしましょう。
夜、眠っている間に成長ホルモンが分泌され、肌の再生が行われるといわれています。
手の甲から爪の先までハンドクリームをマッサージするようにつければ、指先がポカポカと温まり1日の疲れも癒せます。
寝るときに綿の手袋をすると翌朝しっとりしたお肌を実感できます。

 

 

スポンサーリンク