よく使われる精油(エッセンシャルオイル)

スポンサーリンク

エッセンシャルオイルを選ぶヒントとしては、

”好きな香りを選ぶ”

”気になる症状に効果があると言われるオイルを選ぶ”

方法があります。

こちらの記事では、よく使用されるオイルをご紹介します。

essentialoil

 

◇イランイラン
甘い花の香りで幸福感をもたらします。

◇カモミール
鎮痛作用に優れており、不眠症にはラベンダーと並んでオススメの精油です。

◇クラリセージ
不眠症の解消や肉体疲労の際に使用するといいといわれています。

◇サンダルウッド
咳や気管支炎など呼吸系のトラブルに効果があるといわれています。

◇ジャスミン
甘美な香りとホルモンバランスを整える働きで肌を元気にしてくれます。

◇ゼラニウム
ホルモンの働きを調整するので、生理痛・生理不順・更年期にも効果があるといわれています。

◇ティートゥリー
免疫を高める力を持ち、殺菌・消毒作用に優れています。

◇ネロリ
皮膚細胞の成長を促進する働きに優れており、肌の若さを保ちます。

◇ペパーミント
視覚・聴覚・嗅覚の三叉神経を刺激してスッキリさせます。

◇ベルガモット
抗ウイルス作用、抗うつ作用に効果があるといわれています。

◇マージョラム
神経の鎮痛作用に優れ、不眠症やストレスの緩和などに効果があります。

◇ユーカリ
抗ウイルス、殺菌作用があり、免疫系を強くします。

◇ラベンダー
さまざまな症状に用いられる万能の精油です。不眠症やストレス解消に最適。

◇レモンバーム
鎮痛作用がある一方で気分を明るくする

◇ローズ
肌の老化を抑え、更年期障害や生理痛を緩和する働きもあります。

◇ローズウッド
細胞の再生を促す働きがあり、乾燥肌、敏感肌、炎症を起こした肌に効果があります。

◇ローズマリー
皮膚をひきしめて、むくみを取り去ります

 

スポンサーリンク